『まち活in園田vol.2』完結編!

 

最近はインタビュ―三昧!

インタビューに答えてくれた小3女子が始めた『あいさつ運動』の実践を、

つい先ほど、お母さんからご報告頂いたところで、

子どものステキっぷりにテンションマックスの太田です♪

 

『まち活in園田vol.2』とうとう無事に終わりましたね~

この前お伝えしたイベントのご報告続編です。

 

集まったみんなで「こんなまちになったいいなぁ~」を出しあい、

その後、話し合って興味が近い人と3人でチームになり、

約2ヶ月かけて、実際にまちで「やってみよー!」を実践してみるという

フィールドワーク型のイベント。

 

3/19(日)は、いよいよ実践の発表&交流会でした。

 

 

 

 

 

 

 こんな感じで、写真やパワーポイントなどの資料を使って、お互いに発表し合います。

 仕事でもなく、遊びの延長のような感覚で約2か月間、思い思いに「やってみる」のですが、

発表となると、皆さん意外と緊張しちゃうもんなんですね(笑)

それぞれの感じた熱い思いの伝わる発表ばかりでした♪

 

前回にもお伝えしましたが、

私のチームでは、『音楽のまち園田へ』にチャレンジしました。

 

「どこかから音楽が流れてくるようなまちになったらいいなぁ~♪」という話題で盛り上がり、

「どこかで音楽を流してみよ~」と、いざ駅前交番横の公園に集合してみたのですが、、、

 

「大きな音のするスピーカーが要りますね」

「電源も要るわよね~」

「私、オカリナやってまして、、、」

「まぁステキ!ここで演奏しましょ~よ~」

「私、歌なら唄えるかも♪」

「私も、キーボード弾ける人なら知ってます!」

 

などなどのイロイロを経て、

なんと最終的に、他5名の方が協力して下さり『まちかど演奏会』を決行しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんWEB上での写真公開は「そんなの恥ずかしいわ~」とNGでしたので、

これは、必死で学生ぶりのリコーダーに果敢に立ち向かう私の写真です;

ちびっこはノリノリ鈴参加してくれました(笑)

 

その後、全体を通しての”気づき”を深める時間がたっぷりめにあったのですが、

今回もまた、かなり深まりましたね~!

 

非常に面白かったなぁと思ったのは、

「思いの実現のために」「自由な発想で」「何をやってもいい!」というところ。

 

「正解がない」ので、

自由に・どんどん・すきなだけ・自分たちが思うことを実践でき、

 

「正解がない」ので、

何をやったとして・堂々と発表することができ・やったこと以上のやった感がある。

 

「正解がない」ので、

間違いがなく・自分がやったことに基づいた気づきを深めることができ、

反省要らずで・やって良かったことだけを蓄積できる。

 

尼崎でも、市民の”シチズンシップ”が求められているそうですが、

今回のまち活のやり方は、まさに「やってみよー!」という意欲がわくサイクルになっていて、

その意欲こそが何かを実現していくと思います。

ぜひ参考にしてもらいたいもんだ!と思ってみたりして、、、

市役所の方、マネしてもいいですよ~…なんて(笑)

 

「正解がない」ことの素晴らしさを体験でき、今後も色んな活動に活かせそうな予感!

来年はぜひ、皆さまご参加下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る