そうだシェアハウスへ行こう@へいわえーなー 報告です<(_ _)>

こんばんは嶋津です(^^)

 

朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね(>_<)

私はセールでウルトラダウン購入して寒さをしのいでいます(^^)

 

早速今日のお話です(´艸`*)

今日は「へいわえーなー」の活動?で武庫之荘のシェアハウスにお邪魔して尼崎市内で採れる新鮮野菜やスーパーでは売られにくい国産の鶏肉や手作りのみそを使い参加者で料理をして、その後映画「フード・インク」をみんなで見て食について考える時間を過ごしました。

 

 

早速どんな感じだったか書いていきますね(´艸`*)

シェアハウスって皆さんは入られたことはありますか?

私は初めてなんです。到着してすぐ外観を見た感想は予想よりも普通のマンションにしか見えませんでした(^▽^;)

でも、すごいんです中に入ってみると「ここはどこ?」というくらいの空間で広いキッチンがあり、先についている参加者の人は料理に取り掛かっていました。ありがとうございます<(_ _)>

Aさん指示のもとみんなそれぞれ食材をカットしていきます。

みんなでやると料理の準備はあっという間に済んでしまいますね(^^)

みんなサクサクと準備を進めて、その後はシアタールームのような部屋へ移りお待ちかねのランチタイム(´艸`*)

みんなおなかがすいています。。。というか私はとてもお腹が空いていました。

野菜を使用した料理が並びます。

『ブロッコリーと鶏肉の炒め物自家製バジルソース添え』

『大根、レタス、赤かぶのサラダ』

『尼崎のお米を使用したおにぎり』

『カレー味の大根の葉炒め』

『具材たっぷりけんちん汁』

けんちん汁はとっても絶品でした(‘◇’)ゞ

 

食べながら自己紹介しつつ食材の紹介をしつつ、一息ついたところで映画「フード・インク」を鑑賞。

(シェアハウスでシアタールーム付きってすごいですよね(^▽^;))

『フード・インク』http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/

私は初めて見ました。ざっくり説明をするとスーパーで売られている食品製造の裏側を映したドキュメンタリー映画です。

映画では生の生産の現場が流れていたり、自分たちが普段食べているような食材の加工で使われている薬品や出荷工程を分かりやすく生産者の話も入りつつ話が進んでいきました。

映画を見ての感想はそれぞれ参加して見られた皆さんいろんな意見が出ていました。

 

私は毎日ご飯を食べるのに自分が食べる物について深く考えたことがないなということに気付きました。中学生時代に家庭科の授業で「旬の野菜」や「栄養素」について勉強した覚えはありましたが当時の私は興味がわかなかったんだと思います。。。。

映画の中でも少し出てくるのですが、日本は食品廃棄量が世界トップ

その食糧で食べ物が足りない国の人たちが救われると映画の中で流れていました。

当たり前のようにご飯を食べている私はそういう事実を突きつけられると非常に胃が痛くなります。

自分には明日から何ができるんだろう?まだハッキリと明日からできることは浮かんでいません。

少しもやもやしつつ報告を書いています<(_ _)>

でも、今日はへいわえーなーの企画があったからこそ食について知って考える時間を過ごせました。

せっかく月と風とでは「もぐもぐまつり」の実行委員会に入っているので、実行委員会でもこういう少し食について知る時間があっても良いのかな?と思います。

あとは身近な知り合いにフード・インクという映画を見たという事を話して自分の考えや思いを深めていきます<(_ _)>

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る