『釜MEETS』に参加しました。  報告です<(_ _)>

こんにちは。スタッフ嶋津です(^^)/

 

あけましておめでとうございます(^^)

今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

 

みなさんはお正月はどのように過ごされましたか?

お会いした時に聞かせてくださいね(^▽^;)

 

 

さてもう昨年のお話になってしまいます。。。。

2016年12月25日にNPO法人ホームドアさん主催の『釜MEETS』に嶋津とその他のスタッフ4名で参加してきました。

参加者は総勢で30名くらい。

最初は事務所のような場所で3グループに分かれてグループごとに自己紹介とスタッフの方から西成区の土地の歴史についてや日雇い労働者の現状の説明やツアーに参加するうえでの注意点を聞きました。

自己紹介ではいろいろ思いがある方が多く私のグループは時間が足りないくらいでした(^^)

西成区の歴史のお話の中で一番印象だったのが、昔は処刑場があったということ!!

知ってる方はどのくらいいるんですかね??

今の天王寺はあべのハルカスがありとても都会感のある街の近くに昔処刑場があったなんて私は想像もつきませんでした((+_+))

 

さて、ツアーの説明が終わりいよいよ町の案内です。

私は初めて釜ヶ崎の町を歩きました。ツアーの中には映画「さとにきたらええやん」のこどものさとさんの前も通りました(^^)

その時に男の子が興味をもって私に話しかけてくれたのが印象的でとてもうれしかったです。

 

ツアーの最中はランチを食べたのですが料理はとてもボリュームあるお店でまた行きたくなるくらいメニューも豊富で席数もたくさんあって。お味噌汁がとてもおいしくデザートと食後の飲み物もついて日替わりランチは830円でした(‘◇’)ゞ

写真がないのでお伝えしきれないですが、とてもおいしいお店なので西成へ遊びに来られた際はぜひ行ってみてください(*^_^*)

 

お昼ご飯を済ませたら炊き出しのお手伝い。

お手伝いという言葉があっているのかはまだわかりませんが(^▽^;)

炊き出しのお手伝いといってももう慣れた方が居られるので、私は肩たたきを選んで炊き出しに来られたおじさんたちに声をかけて肩たたきをしました。

肩が凝られているおじさんが多かったです。

とてもとても硬くて印象的でした。

さらにいきなり初対面の私が声をかけて無視をされる方がいないのも印象的でした。

いきなり声をかけたら怪しいから無視されるってありそうですよね?でもそれがなかったのでとてもとても印象的でした。

 

炊き出しのカレーがなくなり、ご飯もなくなった後にツアーに出る前に用意した靴下をおじさんへ渡して炊き出しのお手伝いは終了しました。

 

その後、釜ヶ崎の町を案内してもらいながら最初の事務所へ戻ってきました。

 

事務所へ戻ってからは、グループでの感想共有しました。私のグループは学生さんにグループの感想内容を全体へ共有してもらったのですが、とても素晴らしくみんなの感想をまとめて発表してくれました(*^_^*)

 

 

それから、代表の方からホームドアさんの活動内容や、なぜ事業を立ち上げたかのきっかけのお話、これからのビジョンについてお話を聞きました(^^)

学生時代から事業を立ち上げて起業したホームドアの代表のお話した説得力があり、店舗もよく聞き取りやすく・、1日参加してみてとても学ぶことが多すぎて頭がパンクしそうになりました(^▽^;)

まだまだこんな近い場所でもきっかけがないと知らないままで終わるところだったなと思うととても貴重な時間を過ごすことができたと感じます。

代表の方が最後のお話で言われた「知ったからには責任がある」という言葉も体に刺さるインパクトを受けました<(_ _)>

 

月と風とも月と風としかしらない、自分たちにとっては当たり前でもごく一部の人しか知らないことをたくさん持っているままにしているのではないかなと思ったり。

月と風とにもこんな形で誰かに何かを発信できる内容があるかもしれないと思ったり。

年が明けて1月になりましたがそんなことを思っています。

思ったままで終わらないように何かを形にしていきます。

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました<(_ _)>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る