映画「風は生きよというinあまがさき」上映会 報告です(*^_^*)

またまたこんばんは嶋津です(‘◇’)ゞ

いろいろ報告が遅れております( ;∀;)

すみません。お付き合いくださいm(__)m

 

2016年12月11日日曜日

映画「風は生きよという」上映会実行委員として月と風とも参加していました<(_ _)>

ご参加ご協力くださった皆様ありがとうございました。

tirasi

さて、映画「風は生きよという」は非常にざっくりした説目になりますが、人工呼吸器を利用して地域で暮らしている人の考えや日々の生活を映した映画です。

説明がへたくそですみません。。。気になる方は是非上映会を探してみてください(^▽^;)

 

当日はたくさんの方にお越しいただきました

さらに尼崎在住で人工呼吸器を利用して一人暮らしをされている「平本歩さん」

映画の中で出演されている「新居優太郎さん」

豪華2人のゲストをお招きしてお話を聞く時間もありました。

zyoueikai映画を見ていて私が感じたことですが日々テレビやメディアでは報道されない直面してみないとわからない問題ってたくさんあるんだなと改めて思いました。

最近ちいきづくりの事業でいろんな方へインタビューをするのですが、結構福祉のイメージってテレビの世界での報道の暗いイメージが強かったり、自分からつかみ取っていかないを入ってこないことも多いなと感じる瞬間があったり。

うまく気持ちを書くことはできませんが、日々ぼんやりと過ごしていたら使い見たい情報を逃したり、流されて決めつける考え方視点を持ってしまったり、しないように私はそうならないようにいろんな情報をいろんな視点からキャッチできるようになればとおもいました。

 

実行委員としてはたいして何かしたという感覚はなく周りのできる人の背中を見つつ自分にできることとしていったという感覚です。

こんな誰かと何かを一緒にするという時間がとても重要で今後のつながりや何かを発見するきっかけになると思っています。

本日も最後までお読みくださりありがとうございました<(_ _)>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る