映画 【白バラの祈りソフィー・ショル、最後の日々を見て】感想と報告です。

こんにちは

スタッフしまづです

9月8日にへいわえーなーの参加メンバーと映画白バラの祈りソフィー・ショル、最後の日々を見ました。

その感想と報告です(^^)

 

 

%e7%99%bd%e3%83%90%e3%83%a9

 

 

 

映画の内容は本当にめちゃくちゃ簡単に言うと主人公が戦争反対というビラをまいただけで捕まり、処刑されるという内容。

事実をもとに作られた映画だそうです。

 

かなり衝撃的でした。

何が衝撃的かというと、言いたいことを表現しただけで意見を言っただけで最後には処刑されてしまうこと実際に起こっていたこと。

 

映画は演技のためその演技に魅了されているのかもしれませんが、言いたい事言っただけ表現しただけで、処刑されている人がいた事実。

 

いろんな人の意見があるかと思いますが私にとっては「なぜ?」が残る映画でした。

 

映画とは関係ありませんが、日々の中で私はどちらかといえば流されている方、何かを発信したり、表現するのは得意ではない方。

 

でも、この映画を見ると自分なりに事実を調べ知ること、歴史を知ること、自分の考えを持つことは大事だなと思いました。

なかなか毎日このことを考え続けるのは難しいと感じるものもあるのですが、とても貴重な時間に参加できることができ、良かったです。

 

最後までお読みくださりありがとうございましたm(__)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る