国民の叔母

 

 

 

 

サブカル大好き、スタッフ景山です。 

国民の叔母                                                                                  
【ものまね女王⁉︎】清水ミチコ

image

とってもメジャーなのにどこかサブカル臭のする清水ミチコ。
生のライブで観てより一層ファンになった清水ミチコの魅力をまとめサイトっぽく紹介。

生年月日は1960年1月27日生まれ
出身は岐阜県高山生まれ
実家はJAZZ喫茶を営まれていて、現在は弟さんがお店を継いでおられるそうです。

高校生の頃は桃井かおりのものまねや矢野顕子の弾き語りでマネたりなどを友達に披露してたなど、現在の片鱗が出てきたのかもしれませんね。

そして大学進学のために東京へ状況した頃、
ラジオ番組によくネタを投稿することになり当時のアルバイト先の主人の知人が放送作家を募集していた事がきっかけでラジオ番組の構成&出演者になりました。

その後、フジテレビの新人発掘番組『冗談画報』で本格デビュー。
ちなみにこの番組からWAHAHA本舗、大人計画や東京スカパラダイスオーケストラなど数多くのビッグネームが誕生したそうです。

1988年には今や大物タレント、尼崎出身のダウンタウンやダウンタウンとほぼ同期のウッチャンナンチャン、現在はサンフランシスコに在住で日本に帰ってきては出稼ぎ労働者のごとく稼ぎに来日している野沢直子ら5人でのコント番組『夢で逢えたら』がヒットする。

現在もモノマネだけではなくナレーションやラジオのパーソナリティー、女優など活躍の幅は広くライブ活動や得意のピアノを活かした音ネタのCDやDVDも数枚、発売している。

清水ミチコはデビュー当時からの矢野顕子の熱狂的なファンで“本人と同化したい!”と言うほどのファンである。
現在ではその本人とふたりでコンサートを行ったりするほどの仲である。
そのコンサートで観た矢野顕子の曲『ひとつだけ』を清水ミチコが忌野清志郎のマネをし矢野顕子とのデュエットを聴いた時はモノマネの域を超えて忌野清志郎が憑依したと感じるくらいのクオリティの高さに感動し震えました。

また昨年には『清水ミチコの一人フェス』と称して武道館のチケットをsold outにするなど、根強いコアなファンに支えられている証ではないでしょうか…。(何故かゲイのファンが多い)

交友関係も広く星野源やMISIA、平井堅などのミュージシャンや作家の三谷幸喜や料理家の平野レミ、女芸人の光浦靖子、大久保佳代子などバラエティにとんでいる。

今年、デビュー30周年になる清水ミチコ。
これだけ息の長い芸能生活を続けられたのはマルチな才能と見落としそうなニッチな箇所に視点を当てた笑いやメジャーなのにサブカル臭ある雰囲気!
出過ぎず、引っ込み過ぎずの絶妙な叔母的立ち位置が清水ミチコの人気の秘訣なのではないでしょうか?

http://4325.net/

主なモノマネネタ
黒柳徹子
瀬戸内寂聴
桃井かおり
大竹しのぶ
松任谷由実
美輪明宏
田中眞紀子
森山良子 etc…

最後に清水ミチコの最近のモノマネネタ
上半期、何かと今話題になっているゲスの極み乙女の川谷絵音はかなり笑えるので必見です。

 

#清水ミチコ

#ものまね

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る