キヨタ映画祭開催されました!

去る3月26日(日)16~19時     キヨタ映画祭特別編 映画『マイバックページ』上映会&アフタートーーク!     が行われました! 学生運動のノンフィクションルポタージュを原作として ぼくと同い年の山下敦弘監督が3年以上の歳月をかけて作った作品!     キヨタが2011年みた映画89本のうちベスト5! 邦画では1位!の思い入れのある作品です。     そしてその上映後に 1969~1979年当時、実際に学生運動をしてらした ゲストスピーカーお二人に感想&お話しを伺いました!       どうしても学生運動というと 若者のいきすぎた行動=仲間や警察自衛隊をあやめてしまう。 そこにスポットをあてた作品が多く、 このマイバックページもご多分にもれずそこをクローズアップして そこに若者の青春ストーリーをかぶせていくという作り。     実際の行動や主義主張が作品に反映されることはあまりない。 そこに一抹の寂しさを感じてはるようでした。       キヨタは 映画の中の圧倒的なカタルシスにほれこんでいたのであって 学生運動自体をどうこう思ってるわけではなかったのだなあと アフタートーーク中に気づくという波乱の展開。     作品自体は物語としてすばらしいが 学生運動を題材にしなくてもよかったのでは? と自問自答がはじまったのでした。       でも初めてきてくれた人が面白かったと言うてくれたり ゲストスピーカーの方々が 自分たちがやってきたことについて少し話せて みんな聞いてくれて楽しかったという言葉に救われました。       単なる映画上映会ではなく ゲストスピーカーをおまねきしてアフタートークをつけると より深く楽しめるなあと思いました。     また企画してやっていこうと思います! おたのしみにっ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る