おわりがはじまり  投稿者:高田

高田さん 久しぶりのスタッフルームです^^; 高田、最近は月風の外の空気を吸いに出させてもらったり空気に来てもらうのを吸って生きています。他のスタッフもそうです。 それは見たことの無い景色と、匂いと、文化を学ばせてくれます。 本当に人の頭、心の中は想像を絶する世界が広がっているし、行動力を生み出す種が詰まっているんですね。 2月の26日に西宮の某青葉園の元園長、清水さんがお話をしに来て下さいました。そのお話、とても興味深くて 重度心身障害のご本人が、親御さんが、自分達の尊厳を確認し世間に認めさせる運動をされて来られ、それに賛同した方々が行動して来られたという熱い内容でした。(私の言い方はとてもざっくりな説明なので清水さんご本人のお話をぜひ公演されるのを探してお聞き下さいませ♪) 知っているご本人?の話も有ったり、私にはとても身近に感じられ素直に言わなければ伝わらないのが世の常なのだと思いました。 いろんな方が自分の不便なところを伝えて、この世の中はみんなにとっての生きやすい場所になってきたのだと改めて、先駆者の方々に頭が下がる思いでした。   その後に・・・発表の練習~♪と、清田代表より指示がありまして。。。スタッフ一同、頑張りました~! 見聞きしたことの羅列になってしまいますが。。(脱線ありまくり説明開始) 人の死を受け入れることの大切さを考えさせてくれた発表あり、、話せる人を作るのが良いそうです 横道にそれまーす>今日の某新聞に○○ピースが道徳の教材で使用されたそうです。 ○フィーはお兄さんを亡くしてしまうんですがその過程が子どもたちにはとても共感でき、感じいることができるそうです。 人が亡くなるのが身近でなくなった現在、大事なことです。 あまりに失うことが大きくて。。。。私もそうですが自分をがんじがらめにしてしまうところが・・くせものですね。   そして、知的の障害を持つ方々への伝える術、TEACCH(ティーチ)これは障害を持たれる方だけではなく、いろんな使用法が有るのではないかと思わせるものでした。   そして、精神病院で入院ていうことが無い国のお話。 これも日本でとなるとかなりの偏見との戦い、支援の基礎ができていないとできないことですが何がご本人を苦しめる一因になるんだと考えると、なんだか小さく固められてしまう日本の精神病の患者さんの今後に救いがあるような気がしました。   そして、主に知的障害をお持ちの方々の虐待防止法施工に向けて。。。 酷い話は私も嫌ですが知っていますが。。。。何しとんねんって怒りが湧き上がるばかりです、事例は。   なんだかとりとめなく書いてしまいましたが清田さんが何を話してくれたのか思い出せない。。。。なぜ???? でも、きっと素晴らしい話だったんです! 大きな声で、忘れてすんません!   で、今朝の某新聞に戻ります。 チョッパーが差別の話をするときに一役買っているそうです。 彼はトナカイだけど鼻が青いだけで仲間はずれ。 あげく悪魔の身を食べてしまい。。。。人でもなくトナカイでもない生き物になってしまいます でも、ルフィーは面白いから仲間になろうって誘うんです。 ルフィーも同じ、悪魔の実を食べたごむ人間。でも、そんなことは彼には大したことないんです。 自分にとって大事なら大事なんです。(記事と違うかも 苦笑) ここが福祉の、私たちがしてることの出発点かもしれないと思えたんですが、いかがなものでしょうかね♪ 異質でも変わってても良いじゃないか、面白いんだから。(本人が。周りに迷惑掛けたらごめんなさいですがぁ~) 結局は私が、みんなが、自分でどうしてと悩み、泣いてきたことの答えって単純にこれで良いんだなって思うんです。 どうでしょう??   今、泣いているそこのひとりぼっちのあなた? あなたは生まれながらに酸素を吸え存在を許されました。これって奇跡? あなたはすくすくと悩み、悩まされながら育ってきました。これって奇跡? そして、これ読んじゃいました?それって素晴らしい♪ カルチャー教室見ました?スケジュール? 自由に参加して下さい。多少、おかねは掛かりますが友達欲しいなら、先ずは出会いからです♪ 外の空気吸いましょう♪ 偶然ですね、私も外の空気を吸いに出ているんです? 少しお話をしてみませんか?私たちには生きてきた中での偶然がたくさんあるかもしれませんよ♪ はじめへもどる↑                    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る