12/10『人権まつり』行って来ました~☆

こんばんは、太田です☆   昨日は、しばし事務仕事をお休みして... 『あまがさき人権まつり2011~熱と光の祭典~』に行って来ました!!   このお祭りは、 人権を「自分らしく生きる権利」「互いの命を認め合うこと」だとして、 相手の人柄を見下したり、集団からのけ者にしたりする関係をなくし、 偏見で苦しむ人、差別で悲しむ人がない社会をつくっていこうという趣旨のもと、 2001年から開催されています。   国や市などの行政からの働きかけに任せるのではなく、 市民の力を集め、市民の手で人権の花を咲かせようと、 人権団体をはじめ、多文化共生団体・労働団体など多くの市民組織が賛同し、 参画して行われて来ました。   今年は11回目を迎え、若いメンバーも加わりテーマも新しく“熱と光の祭典”へ。 人びとの人権にかける“熱意”を届ける“光”という意味が込められています。   日程も世界的人権週間に合わせて12月となり、さらに“光”を届けるために時間も夜へ。   寒いし、正直、長時間のお祭りは大丈夫なのか!? という不安も感じながらの参加だったんですが...   寒さを吹き飛ばすようなパワフルなステージ、 あつあつの豚汁やコーヒー販売、キャンドルの優しい光でライトアップされた会場、 そしてメインの巨大スクリーンに映し出された映像には、たくさんの人々の想いが。   とても心温まる、ステキな手作りがたくさん詰まった“あったか~い”お祭りでした♪     ビルの壁に映し出された巨大スクリーン。 人権まつりの10年間の歴史をふり返る映像に加え、 東日本大震災の現地報告、 イラク・アフガン・パレスチナの戦場の写真 e.t.c. 様々な映像が映し出され、とてもインパクトがあり、 なかなかの迫力でした!           会場中央のステージ横の芝生に現れた キャンドルの明かりで作った「命」。 少し小雨が降るような場面もありましたが、 すごくきれいで、 会場の雰囲気を盛り上げていました☆             他にも、全体にあらゆる所がライトアップされていて とってもきれいでした~                     ステージでは、本当に様々な団体の色んな出し物が行われていたんですが、 それを楽しみながら、 「人が人らしく、誰にもジャマにされずに、自由に表現できること」の素晴らしさを しみじみと感じられる自分がいて、 本当に良いお祭りだなぁと思いました。   めちゃ楽しかったです!!                                        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る