『森達也がノルウェーの刑務所見た!』を見るイベント!!

  • 2011/11/15
  • 『森達也がノルウェーの刑務所見た!』を見るイベント!! はコメントを受け付けていません。

10月30日開催しました。 参加者初めての人含め7人!   映像作家の森達也が 居心地がいいとされてるノルウェーの刑務所に行き なぜそんな待遇なのか?そもそも罪とは罰とは? ということ聴いていたドキュメンタリー映像! をみんなでみて、感想を言い合いました。 まず特筆すべきはやはりノルウェー刑務所! なんとはなれ小島に一軒家がいくつもあり、 そこでルームシェアして服役しています。 お昼間に庭でバーベキューしてみたり。 ネットは使えないがパソコンがあったり。 模範囚なら、土日は家に帰れる…!有給休暇かっ!   なにコレ??SF???   しかしそこには福祉国家らしい考えが根本に。 罪を犯してしまった人は、 それ以前に様々な理由で社会的・個人的に 迫害・差別・暴力を受けている。 つまりその後に重い刑罰を下すことは、 孤独や苦しみを増やすばかりで 犯罪者の社会復帰や再犯を妨げることになる。 100年以上の歴史をもつノルウェーの陪審員制度。 日本でいう裁判員制度です。 一般人が犯罪を犯した人を裁く。 そこではその罪自体や被害者感情だけでなく、 犯罪を犯すまでや背景には何があったのか? ということを一回立ち止まって考えるのが常らしいす。 仮に自分がまかりまちがって犯罪者になったとき、 こういった考えをしてくれる人がいたら ぼくは嬉しいなあとおもいました。 ぼくは死刑反対だし、そして正直 一軒家刑務所や有給消化的自宅帰りがベストだとは思わない。 でもでも被害者・加害者両方の立場になってみる この根本の考え方がいいなあと思ったのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る