人間の底力 投稿者:キヨタ

今日は7時半〜9時半で身体介助。 いつもいく小学生の本人さんです。 気管切開(のど付近に穴をあけ、 そこにカニューレとよばれる 太めのチューブが入っていて そこからたんが出る) してはるので、 専用加湿器みたいなのを使い 体内のたんを柔らかくし 細かいのをかき集めてから たんを体外にだします。 夏休みということでぼくが7時半にいくと 本人さん寝てました。 いつもならお母さんが6時には起こして 加湿してくれてるのですが 休みだから寝せてたみたいで ぼくが来てすぐ起床。 20分ほど加湿してると口から気管から 大量にたんがでてきました。 それをチューブですいとって、 すると本人さん咳き込むのでそれでまた たんがあがって吸引して・・・ を繰り替えすこと30分。 いやあ正直大変でした。 そしてようやくいつも僕らが 朝ヘルパーに入った時の感じに。 つまりはぼくらが朝ヘルパーに入る前 毎朝お母さんはこの忙しい1時間をこなしているんだ 家の家事しながら。 やっぱぼくらがやってることなんてたいしたことないなー 社会的には偉いね的な言われ方することもありますが 一番賞賛されるべきは本人さんの生きようとする力 そして親御さんの愛情です。間違いなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ついったー

ページ上部へ戻る